雨上がりの静まりかえった朝。

目覚めると、小鳥のさえずりが耳に心地いい。

静かで穏やかなひとときです。


横になったまま、想いを馳せる。。

2011年のあの日あの時のことに。

幸せを求めてやまなかった、あの日々。

求めて求めて、それでも心の安らぎは得られなかったあの日々。

そしてその先に訪れた『そのとき』。


その日。。『そのとき』は突然訪れました。

突如として世界が変わった瞬間です。

静かで穏やかな存在が僕を観ている。

それなのに、その存在は僕でした。

さらにいえば『僕』という『自分』さえ無い。

すべてがひとつで、静かで平安な世界。それがワンネスです。


それは『いつもの自分』は想像もしなかった世界でした。

想像できなくても、それでも。。

その世界は、確かにいまも変わらず、ここに、在ります。


そのことをお伝えしたくてブログを書いています。

静かで穏やかな世界。

平安で静かな世界。

ひとことで言えば『静謐』というのが、いちばんしっくりきます。


その『静謐』なる世界が、いまここに在るということ。

それは、決して変わらない永遠の存在であるということ。

そして実は、あなた自身がその存在であるということ。


永遠不変の『真理』とでもいうべき、その存在はいまもあなたの傍らで息吹いています。

傍らどころか、あなたの中で息吹いています。

ツラいときは、どうかその息吹を観じてみてくださいね。

あなたの中の『静謐』はいまも、ここに在るのだから。

今日のあなたが静謐に在りますように(祈)

人気ブログランキングへ

投稿者: minamo

■地方の国立大学を卒業して、大手化学系企業に就職 ■かつて、うつ病で苦しみ彷徨い、真の幸せを探究する ■2020年7月に『いのちの本質』に気づく ■瞑想、散歩、読書を愛するアラフィフ世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected!