もう、10年くらい前になりますが、かつて僕はうつ病を患っていました。

長い休職期間を経て、どうにか社会復帰した後も、不安と恐怖が消えなくて絶望の日々を送っていたものです。

心理学、哲学、宗教、精神世界などの本を大量に読んでは、それらの学びを実践する日々でした。


そして、それらの学びの中の一つに『瞑想』があったんです。

当時、毎日のように行っていた『瞑想』は、怒りを鎮め、気持ちの穏やかさを得るのに役立ったと思っています。

『瞑想』は、いま思えば、『覚醒への道』にも通じていた。

それらの経験をもとに、簡単な瞑想誘導をしてみますね。


まず、ゆっくりとラクな姿勢をとってみてください。

座禅スタイルでもいいですし、寝っ転がってもよいです。

ここでは、あまり『形式』にとらわれず、とにかく、自分が一番リラックスできる姿勢でよいと思います。


次に、あなたの周囲の『音』に意識を向けてみましょう。

いまならセミの声、あるいは、小鳥のさえずりが聞こえるでしょうか。

あるいは、少し涼しげな風の音がしているでしょうか。

ご自身が気づいたその『音』に意識を向けながら、ゆっくりと深呼吸に入ります。


深呼吸をしながら、どちらかというと、吐く息を長めにしてみてください。

ムリせず、リラックスできる範囲で、ゆっくりと長く息を吐いていく。

息を吐き切ったあとは、カラダが自然に息を吸うのに任せて、その場に佇んでください。


そんな状態で、数分間くつろいでみてくださいね。

すると『音』に向けていた意識が、やがて、自身の呼吸に向けられていきます。

そして、次第に、こころの中の雑音が静まってきます。

こころの中の雑音が静まってきたあなたは、やがて、自身の内奥に在る『本質』を少し感じたりします。

心身ともにリラックスしたあなたは、いっそう、自身の『本質』に還っていきます。

そして、自身の世界が実は『静寂』であることに気づきます。

そう。。あなたの本質は『静寂』なんです。


そしてその真理は、いつも、いままでも、これからも変わることが無い。

それは、永遠不滅の真実です。

真実は、あなたの傍から決して逃げることはないですし、消えてしまうこともない。


なので、あなたは焦らずに自分のペースで、自身の『本質』に気づいたらよいと想います。

ここでのカギは『リラックス』です。

『リラックス』が覚醒への道を進めてくれることでしょう。

あなたの今日にくつろぎのひと時が訪れますように(祈)

人気ブログランキングへ

投稿者: minamo

■地方の国立大学を卒業して、大手化学系企業に就職 ■かつて、うつ病で苦しみ彷徨い、真の幸せを探究する ■2020年7月に『いのちの本質』に気づく ■瞑想、散歩、読書を愛するアラフィフ世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected!