自身が『大いなる存在』であったことに、気づくこと。

すべてはひとつであるということに、気づくこと。

僕たちは、いのちの根っこでつながっていることに、気づくこと。

これらの気づきを、世間では『覚醒』・『見性』と呼んでいます。

ここでいう『覚醒』とは、上記の『真実』に気づいた、垣間見たという意味を指します。

仏教でいうところの『預流果(よるか)』が近いでしょうか。

では、悟るとどうなるのか?

僕の場合について、ビフォーアフターで書いてみますね。

覚醒のビフォー第Ⅰ期
~うつ病発症前まで~

・価値観や固定観念をたくさん持っていた。

・怒りの感情に振り回されていた。

・『自我』こそが『自分』だと信じて疑わなかった。


・自分の人生は自分で切り開くものだと思っていた(『他力』など無いと思っていた)。

・人とのこころの交流を知らなかった。

・自分に厳しく他人にも厳しかった。


・金銭欲、自己顕示欲、権力欲が強かった。

・自身が苦しみの最中に居ることにも、気づいていなかった。


・心理学や精神世界には全く興味が無かった。

・「すべてはひとつ」などとは、夢にも思っていなかった。


。。てなところでしょうか。

いま振り返ると、まぁ、典型的な「昭和のサラリーマン」って感じですよね。

覚醒のビフォー第Ⅱ期
~うつ病発症から覚醒まで~

・真の幸せを求めてやまなかった。

・日々の仕事の傍ら、心理学、哲学、精神世界などの本を大量に読んでは実践した(5年間で1,500冊ほど)。


・本での学びのおかげで、価値観や執着を手放し、ずいぶん心が安定したものの、不安と恐怖が消えず、悩み続ける。

・やがて、幸せになるのをアキラメ始める。その数週間後に、覚醒が訪れる。


覚醒のアフター第Ⅰ期
~覚醒の直後~

・従来の価値観がガラガラと音を立てて崩れた。

・世界観が激変した。



・自身が『大いなる存在』であることに、気づいた。
それは、静かで穏やかな平安の世界だった。

・自身が『いのちの仕組み』そのものであることに、気づいた。

・すべてはひとつであることに、気づいた。


・これまでの苦しみ抜いた自分がいとおしく、また、実は幻想のようなものである、この世のアレコレに悩んでいた自分が、こっけいに思えた。そして、大泣きした(泣き笑い)。


。。とまぁ、こんな感じです。普段、僕たちが感じている世界とは全く異なる世界が在るということがお解り頂けるかと思います。

覚醒のアフター第Ⅱ期
~覚醒の後の数週間~

・至福感で満たされていた。

・「ゴールだ!もう、苦しまなくていいんだ!」と思っていた。

・とにかくフワフワしていた。


という感じです。地に足のついていない様子ですネ。

覚醒のアフター第Ⅲ期
~覚醒の後の2年間~

・静かで穏やかなワンネスの世界こそが、最上のものであると考えていた。

・ワンネスの世界と実社会の世界を比較しては、実社会がバカバカしい、価値の無いようなものに思えた。


・怒りの感情から自由になれた。

・世捨て人のようになろうか、山籠もりしようかなどと考えていた。

・一方で、やはり実社会での生活をしながら覚醒を深めるのが大切なのでは?とも考えたりした。


・ワンネスの真実に気づいていない人に、真実を気づかせて苦しみから救ってあげたいと思っていた。←いま思うとオコガマシイ話ですわ(´-ω-`)

・自分は覚醒したんだという『特別意識』が芽生えた。同時に、そのことについて苦しんだ。


・最終的に「山の修行」よりも「里の修行」が大切かな、と決心した。実社会の生活を送りながら、どこまで覚醒を深められるか追求してみようと思った。

。。とまぁ、エラそうな俺だこと(笑)。でも、当時は、真実至上主義みたいになっていたと思います。

覚醒のアフター第Ⅳ期
~覚醒の2年後以後、9年目までの7年間~

・実社会での生活に専念しつつも、ワンネスの世界を観じて生きることを模索。

・一時期体調を崩しつつも、『ワンネスの世界』と『実社会の世界』の統合を探究し続ける。



・引き続き、目標達成、こころのトリセツなどについて研究、実践。

・覚醒への道について、自身の体験や本の情報をもとに、自分なりに再整理した。


・2020年7月に『ワンネスの世界』と『実社会の世界』の統合が起きたことを確信。

。。ということで、現在、ブログで表現するに至っています。

こうやって振り返ると、長かったような短かったような。。

いずれにしても、自分なりの探究は、一旦終了したといえます。


今後は、実社会を快適に機嫌よく生きつつ、いかに『ワンネスの世界』を観じながら生きるかを、さらに実践しようと思います。

そして、そのことを皆さんにお伝えしていきたいと想っています。

あなたの今日が素晴らしい一日になりますように(祈)

人気ブログランキングへ

投稿者: minamo

■地方の国立大学を卒業して、大手化学系企業に就職 ■かつて、うつ病で苦しみ彷徨い、真の幸せを探究する ■2020年7月に『いのちの本質』に気づく ■瞑想、散歩、読書を愛するアラフィフ世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected!