五感は苦しい

普段の僕たちは『五感』を使って、この世界を感じていますね。

赤や青の色彩豊かな花々。香しいレモンの香り。耳に心地よいメロディーの旋律。

こんな風に『五感』が感じるものが、快適なものばかりならいいんだけどね。


『五感』はイヤなもの苦しいものも、当然、感じてしまいますね。

漂ってくる悪臭、残酷なシーン、浴びせかけられる罵声などなど。

そして、これらを感じたならば、思考・感情がグルグルとめぐって、人は怒ったり悩んだりして、苦しむというわけですね。


つまり、『五感』や思考・感情は社会を生きるうえで必要なものですが、同時に苦しみの源泉となっているということです。

このように『いつもの自分』を生きていると、この世は苦しみだらけになります。

そして、その苦しみは、残念ながら絶えることなく訪れます。

平安の世界が在る

では、苦しみから抜け出すにはどうするのか?

真の幸せを感じるには?

『いつもの自分』を脱ぎ捨て、『もうひとりの自分』に還ることです。


『いつもの自分』が実は、はかない夢のようなものである、と見抜いて真実に気づくことです。

その気づいた世界を『ワンネス』といいます。

覚醒、見性などとも言いますね、巷では。

『ワンネス』の世界は、静かで穏やかで平安の世界です。

それは、『五感』や思考・感情による世界とは全く異なります。

しかし、『ワンネス』の世界は、『いつもの自分』のすぐ傍に在るんです。


傍どころか、あなた自身が『ワンネス』の世界そのものです。

そして、その真実はこれまでも、いまも、そしてこれからも決して変わることはありません。

ワンネスの世界に気づく

では、ワンネスの世界に気づくにはどうするか?

いろんな『道』がありますが、ひとつのカギはリラックスにあります。

僕たちは知らず知らずのうちに、緊張しているものです。


なので、いつの間にか緊張している自分に気づくのが、まずは第一歩です。

「あ。。また、緊張しとる!」という感じで、自分をことある毎にモニタリングしてみるといいです。

すると、自分が思っていたよりも、はるかに緊張していることが多いのに驚くことでしょう。


気づけば、自然にリラックスできます。

ムリにリラックスしようと思わなくても、気づくだけでOKです。

それだけで、次第に、自然にリラックスできるようになります。


リラックスできる時間が増えれば、生活も楽しくなりますし、その延長線上に『ワンネス』の気づきがあれば最高ですね。

よろしければ、実践してみてくださいね。では、また。

人気ブログランキングへ

投稿者: minamo

■地方の国立大学を卒業して、大手化学系企業に就職 ■かつて、うつ病で苦しみ彷徨い、真の幸せを探究する ■2020年7月に『いのちの本質』に気づく ■瞑想、散歩、読書を愛するアラフィフ世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected!