新型コロナウイルスは必然でした

☆この記事を読むと、仕事や生き方、あるいは真理について、考えるきっかけが得られるかもしれません

通勤って意味なくない?

新型コロナウイルスの影響で、僕もご多分に洩れず、生活様式が大きく変わりました。

殆どの日はテレワークで仕事しているんだけど、まずね、通勤が無いのがGOOD!

従来は、満員電車に毎日揺られていたんだけど、それって意味ないということに気づいてしまった。


多くの人はそう感じているんじゃないかな?

猛暑日や土砂降りの日にスーツを着て「暑い、暑い、ヤダ、ヤダ」言いながら、ぎゅうぎゅう詰めの電車に耐えて、不快な思いをして会社に到着する。

場合によっては、会社に到着した時点でヘトヘトになっていたりしてね。

通勤に使っていた時間を勉強や運動の時間に充てれば、私生活も充実するし。

テレワーク対応が可能な仕事に限って言うと、やっぱり、通勤って意味ないよねぇ。。


特に昭和時代の企業戦士(この呼び名も、もはや死語だけどね)にとっては、長時間の通勤に耐えぬいてこそ、一人前みたいな雰囲気がありましたけどね。

僕が会社に入った当時も、やはり、そんな雰囲気がありましたよ。

当時は、通勤に意味あんのか?なんて、疑問も持たずに通勤していたけれど。

いまになって思えば、仕事のクオリティよりも、根性論的なものに価値を置いていたのかもしれないね。


いずれにせよ、東京の通勤地獄のすさまじさは群を抜いているから、テレワークをうまく活用すれば、仕事の生産性はかなり上がるハズです。

いまの通信速度は、かなりのものだしね。

ましてや、5Gが普及したら、どんだけテレワーク快適やねん!ってなると思いますよ。

嫌いな人の顔を見なくていいから快適!(#^.^#)

通勤の他にもメリットを感じているわけですよ。

僕もそうやけど、みんな、嫌いな人って、居るやんか?

テレワークだと、嫌いな人の顔を見なくていいのが、超嬉しいんです(^^♪


会社に行くと、話しかけられたらイヤでも応答せなアカンやろう?

それが、面倒なんですよね。ましてや、僕の嫌いな人って、ホントにしょうもないコトでからんでくるのでね、いいかげん辟易していたところなんです。

辟易して、仕事のヤル気が落ちたこともあるしね。←まだまだ『悟後の修行』が足りんよのう( *´艸`)←いいのよ!覚醒してもね、「嫌いな人は嫌い!」という生き方は『選択』できるんです!(笑)

なので、テレワーク万歳!って気分ですよ、ホンマに。


あと、デスクに不在の人の電話を代わりにとる、という必要も無いしね。

電話って、基本、相手の都合はお構いなしに、掛け手側の都合でかけてくるやんか?

仕事に集中しているのに、先方の都合でいきなり中断させられるわけでして。

1回あたりは微々たる時間だけど、チリツモで生産性めっさ低下させると思うんですよね。


こうして考えると、テレワークのデメリットってあるんやろか?

「F2Fでないと、まごころが通じない!」とか仰るご仁は、スルーするとして。

コミュニケーション方法を工夫すれば、微妙なニュアンスとか気持ちは伝わると思うけどなぁ。

少なくとも、僕の場合は、そのように感じるわけです。


新型コロナウイルスの役目

テレワークについて色々書いたんだけど、新型コロナウイルスによる変化って他にも、たくさんありますよね。

逐一書かないけど、人類の生活様式アレコレを一変させたことは間違いない。


でね、何が言いたいかというとね、『新型コロナウイルスの到来は意味があった』ということなんですよ。

誤解しないでくださいね。罹患したりお亡くなりになった御方には、本当にお気の毒だと思っていますよ。

医学的、疫学的には、新型コロナウイルスは人類の敵とも捉えられるしね。


でもね、スピリチュアル的にいうと、『すべての出来事や経験にはムダが無く必然である』ということなんですよ。

それは、新型コロナウイルスについても例外ではなくて、ウイルスの到来により、人類は様々な学びや気づきを得たんだと思います。


さきほど書いたテレワークだってそうだし、そもそもの仕事のやり方や、仕事を何のためにやっているのか等について、ウイルスは僕たちにたくさんの問題意識を与えてくれたと思いますよ。

もっと言うと、人間は何のために生きているのか、という想いに至った方も居るでしょうね。

こんな感じでね、新型コロナウイルスは人類の『意識』を半ば強制的にシフトする、非常にパワフルな存在だと思うんです。


『大いなる存在』が新型コロナウイルスを在らしめている

さて、僕たちをこのように在らしめているのは、いったい何でしょうか?

地球上のすべての生命、動植物はもちろん、鉱石や空気に至るまで、すべての存在を、いまこのように在らしめているのは、何なのでしょうか?

地球はおろか宇宙も含め、この世のすべての存在を、いまこのように在らしめているもの、それが『大いなる存在』です。


このことは、僕はこのブログで何度も書いているので、詳しく知りたい人は、よかったら記事を読んでみてね。

『大いなる存在』はすべてを司っている。

新型コロナウイルスも例外ではないんです。

新型コロナウイルスさえも『大いなる存在』が今回のように出現させ、そして世界中に感染させた。


そしてそれは、何のためかというと『経験』するためです。

いまだ経験の無いウイルスについて人類が『経験』し、そしてそこから何らかの学びや気づきを得るためです。

もっと言えば、学びや気づきを深めて、僕たちの『魂』を磨くためです。

ここで言う『魂』とは、『大いなる存在』の一部分のようなものだと思ってくれたらいいですよ。


いずれにせよ、すべての出来事はムダではなく、必然であり、それは新型コロナウイルスも例外ではない。

今回の出来事を、ただ忌み嫌うだけか、それとも、なんらかの学びや気づきの糧にするかで、人の生き方はきっと大きく異なってくるでしょうね。

そういう意味では、人類は新型コロナにより『転換期』を迎えていて、「なぜ生きるのか?」という問いが真剣に突きつけられる時代になったんだと思います。

あなたは、どう思いますか?

最後までお読みくださりありがとうございました。


人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

投稿者: minamo

■地方の国立大学を卒業して、大手化学系企業に就職 ■かつて、うつ病で苦しみ彷徨い、真の幸せを探究する ■2020年7月に『いのちの本質』に気づく ■瞑想、散歩、読書を愛するアラフィフ世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected!