☆この記事を読むと、『真理』に気づくコツが分かります。

『真理』に気づいてね!

「大いなる宇宙よ!!いま、この瞬間、僕とつながれ!!。。」

こんな風に、駅のホームで絶叫してみたいです。きっと、周囲はドン引きでしょうね(笑)


昔、会社でね「僕たちのいのちは大いなる存在が。。」って口にした途端、周囲の寒い空気を感じたことがありまして。

『スピリチュアル』は、かなり市民権を得たとは思うんやけど、公衆の面前では、ちょっと憚られるかな。


なんでやろうね?

『真理』に気づいた人は、今の時代、どんどん増えているハズなんですけど。

僕たちは根っこでつながっていて、本当は、自分も他人も無くって、すべてはひとつで。。

この『真理』に気づいた人は、まだまだ少数派なんやろうか?


僕もね、気づいた仲間は居るっちゃあ、居るんですけども、まだ数人やもんね。

『真理』に気づく人が、どんどん増えて欲しいよなぁ。

そしたら、世界はより快適に生きやすくなると思うんやけど。


とにかく、いまの僕にできることと言えば、こうしてブログで発信していくことくらいのものですわ。


このブログを読んでくれている、そこのあなた!

まだ、『真理』に気づいてないなら、いま、すぐに気づいて!!

あなたが気づくように、マジで、祈り&気づきの波動を捧げますから!!


『エゴ』を手放すつもりで『エゴ』を太らす方法

こないなコト書いたらね、「気づけ言うけど、具体的にどないして気づいたらええねんっ!」ってお叱りを受けますかね。

具体的にか。。そうやね、『エゴ』を放り出したらええんよ。


『エゴ』を放り出したら、たちまち、平安の世界が訪れます。

『エゴ』を放り出したら、たちまち、ガチで静かな世界が訪れます。

その世界はね、普段の僕らがアレコレ気ぜわしく生きている世界とは、まったく異なる、平安の世界なんよ。


そんな世界が在ることを知ってほしいから、そして、その世界に気づいて欲しいから、こうして、ブログを毎日書いてるんよね。

そこんとこ、わしの気持ちを分かってちょうだいな( *´艸`)


でも、こないなコト言うと、今度は「だから、エゴを放り出すには、具体的には、どないしたらええねん?!」って叱られるかな?

怒んないでよ。本当は『真理』ってコトバでは表現できないんやからね。

それでも、こうして書いているのは、ブログの『波動』っていうんですか、アタマで理解するんじゃなしに、何かを感じて欲しいと思っているから。



このブログを読んでくれるのは、とっても嬉しいけど、一つだけ意識して欲しい。

それは、あまり、『理解』しようとするんでなくて、ただ、あなたの在るがままに読んで、そしてブログ全体から感じる『何か』を大切にして欲しいということです。


アタマで『理解』して、理屈バリバリに『真理』に気づこうとしたら、それは逆に『エゴ』を太らすことになるからねっ!いやはや、恐ろしや。。要注意!



『真理』に気づくには、ただ在ればいい

ただ、在るがままに、このブログを読めば、あなたは『真理』に一歩近づきます。

ただし、あなたが在るがままに読んでくれたら、ですけども。

あ、このブログじゃなくてもいいですよ。

あなたのお気に入りの、他のスピ系ブログとかでも、もちろんOK!


僕たちは、アタマを使い過ぎなんよ。

人間は、理屈で考えるのは得意になりましたが、逆に、理屈で説明つかないものや理屈を超えたものに対しては、それらの真実を観じる習慣が無くなってしまった。


有名なコトバがあるでしょ?「考えるな、感じろ!」ってね。

『真理』に気づくには、これでも不十分で「感じるな、観じろ!」になるんですけども。

この『観じる』とは、まさに『エゴ』を放り出したときに訪れる状態のことです。


『エゴ』を放り出すには、さきほど書いたように、あなたが在るがままに在ること、ただそれだけでOKなんです。

カギはリラックスにあります。

自分が緊張していることに気づいて、自分がなぜ緊張しているのか、自身に問うてみましょう。

すると、あなたは、本当は、緊張する理由なんか無いことに気づくかもしれません。


さあ、リラックスの中に佇んで、考えるのではなく、感じて、観じてみよう。

新しい世界が啓けるのは、すぐそこですよ。


最後までお読みくださりありがとうございました(#^.^#)

精神世界ランキング


人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

 

投稿者: minamo

■地方の国立大学を卒業して、大手化学系企業に就職 ■かつて、うつ病で苦しみ彷徨い、真の幸せを探究する ■2020年7月に『いのちの本質』に気づく ■瞑想、散歩、読書を愛するアラフィフ世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected!