☆この記事を読むと、感情に振り回されにくくなるヒントを得ることができます。

★この記事の信頼性を確認したい方は、下記のプロフィールを読んで判断してみてネ。
⇒プロフィールはコチラ

こころが乱れるのが普通

あなたは、感情に振り回されることは無いですか?

「まったく、無い」と自信を持って言えるあなたは、もはやこの記事は必要無いのかもしれません。

しかし、そうでないあなたなら、感情に振り回される苦しさを、十分に知っているはずです。



特に、怒りや恨みといった感情は、心身を焼き尽くし、こころを乱し、暴言はおろか、ひどい時は殺人や暴力事件にまで発展します。

日々の生活、例えば、職場や家庭でも、きっとそうでしょう。

人間ね、『普通に』生きていたら、感情に振り回されるようにできているんですよ、残念ながらね。

感情に振り回される理由

ならば、あなたはこれからもずっと、感情に振り回されて苦しんで生きなければならないのか?

そんなことは無いですよ。

感情に振り回される運命なのは、『普通に』生きていれば、という条件つきだからね。

『普通に』生きなければ、大丈夫なんですよ。


どういうことかと言うと、『自我』ってご存じですか?

『自我』とは「いま、たしかに自分がここに居て、確固たる自分が在る」という感覚です。

あるいは「いま、考えたり感じたりしている主体は、確かに、自分自身である」という感覚です。


これって、至極、『普通の』感覚ですよね。

あなたは、いつも、『自分が』他人と話していると思っている。

あなたは、いつも、『自分が』このアイデアを考えた、と思っている。

あなたは、いつも、『自分』と『他人』とは別の存在で、お互いに、傷つけあったり、慰めあったりしている、と思っている。


このように『自我』は、みんながごく『普通に』感じている当然の感覚なんです。

そして、社会生活を営むうえでは、ある意味必要な感覚とも言えますね。


ところが、この『自我』って、記憶の束で出来ているんですよ。

あなたは生まれてから、これまでの間、何十年もの間にたくさんの経験をし、様々な記憶を身に付けてきました。

その中には、単なる記憶だけでなく、『固定観念』もあることでしょう。


『固定観念』とは、簡単に言うと「こうあるべき」とか「こうあってはいけない」といった、あなたの中の『基準』のことです。

あなたの『自我』は、この『基準』に沿って、反射的に判断します。

目の前の出来事や他人の言動が、あなたの『基準』に沿わなかったら、さぁ、大変です。

あなたの『自我』は、『基準』と『現状』の乖離に、怒り狂いこころを乱れさせ、あなた自身を苦しみの最中に連れていくことでしょう。


つまりは、感情に振り回される理由は、あなたに『自我』があって、『固定観念』があるからなんです。


では、どうするか?

結論。あなたの『自我』を突き放して見るんです。

言い方を変えれば、客観的にあなた自身を見るということです。

具体的には、あなたの後頭部の斜め上1メートルくらいのところに『もうひとりの自分』があなたを見ていると思ってみてください。


あなたがムッとしたり、他人とアレコレ干渉したり、あるいは、一人で物思いに耽ったりしている姿を、『もうひとりの自分』として見るんです。

そして、『もうひとりの自分』に、自分の様子を実況中継させてください。

「おおっとぉ~っ!いま、怒っている。さぁ、どうやって反論するのか?これは、かなり悔しそう!血圧も上がっている模様だ!」みたいな感じでね、あたかも他人事のように実況中継するんですよ。


こうすると、あなたは『自我』を突き放すことが出来る。

そして『自我』に飲み込まれなくなる。

当然、『自我』の創る怒りの感情にも、飲み込まれなくなる。

これはね、本当にトレーニング次第なので、良ければやってみて下さいね。

実況中継を習慣にしていれば、だんだんとコツが分かってきますよ。

逆に言えば、怒りの感情が湧いたときは、実況中継を通じて、こころを整えるチカラを磨くチャンスとも言えますね。


さらに幸せになる方法(上級編)

さて、色々と書いてきましたが、ここからは上級編。

結論。あなたは『自我』ではないんです。

あなたは『自我』でも感情でもなく、もっと別の存在です。


あなたの本質は『いのちの根っこ』なんです。

宇宙にあまねく存在する、『大いなるもの』こそがあなたの本質です。


。。いきなり、ワケ分からんと思わんでくださいませ。

でもね、本当のコトなんですよ。信じなくてもいいですよ。おとぎ話とでも思っといてね。

だけど、いつか、必ずあなたも気づくはずなんです。

特に、さっき書いた実況中継なんかを継続していれば、気づきは加速されることが多いようです。これは、経験則ではありますが。



繰り返しになりますが、あなたは、あなたが思っているあなたではありません。

そして、本当のあなたに気づくと、あなたは究極の幸せを知ることになります。

というか、あなた自身がそもそも至福の存在だった、ということに気づきます。

それは、言葉にできない平安の世界です。



さぁ、色々と書きすぎたかな。

いま、あなたに。。気づきの時が訪れたなら。。

あなたの気づきをお祈りしつつ、今日の記事を終わります。

最後までお読みくださりありがとうございました。


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

精神世界ランキング

投稿者: minamo

■地方の国立大学を卒業して、大手化学系企業に就職 ■かつて、うつ病で苦しみ彷徨い、真の幸せを探究する ■2020年7月に『いのちの本質』に気づく ■瞑想、散歩、読書を愛するアラフィフ世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected!