☆この記事を読んで頂くと、あなたの自己分析がより確かなものとなり、本当に叶えたい夢を実現する『きっかけ』になるかもしれません。←そうなることを切に願っています☆彡

記事の信頼性
【こんな人が書いてます】
・地方の国立大学を卒業後、大手化学系メーカーに就職する

・会社員生活約30年の間に、かつて、うつ病を患い長期休職する。
 精神的、経済的なピンチを経験し、復職後も『真の幸せ』とは何かの探究を始める。

・心理学、哲学、自己啓発、宗教、精神世界などの本を中心に、学び&実践を繰り返す。当時、5年間で約1,500冊を読破する。

・10年ほどの探究の後、2020年7月に『いのちの本質』に気づく。同時に真のこころの平安を得る。



★さらに詳細を確認したい方は、よろしければこちらのプロフィールをご覧くださいね⇒プロフィール

自己分析1000問に挑戦するメリット

『メモの魔力』(前田 裕二 著 幻冬舎)を読みました。

効果的なメモの方法を、詳細に解説している本です。

ざっくりご紹介しますと、メモ帳に
①:テーマや問いを書く
②:それに対する自分なりの答え、考え、事実などを書く
③:②について『抽象化』する
④:③で『抽象化』した事項を、具体的に使える形に『転用』し、ビジネスや勉強などで使えるアイデアにし実行する!

という流れで、メモを活用するというものです。


そして秀逸なのが、巻末付録の『自分を知るための【自己分析1000問】』です。

これは、上記でご紹介したメモの活用方法に沿って、自分を知るための質問1000問に答えるという趣旨の質問集です。

なにしろ1000問ですから、「自己分析が納得いくまで出来ていない」、「従来の自己分析では物足りない」という人も、これなら大満足だと思いますよ。


1000問という極めて多数の質問に答えるわけでして、それなりの労力を要しますが、メリットとしては

多角的、複眼的に自分を見つめ直すことができる⇒従来は、気づけなかった自分に気づける可能性が高まる

・1000問やり切ることで、自分の本当にやりたいことの追求を、納得いくまでやったという自信が生まれる⇒やりたいことに向けて行動する際に、ブレなくなる

・10のセクションに100問づつ分かれており、いずれも、幼少期~小学校~中学校~高校~大学~社会人(20代)~現在 という切り口での問いなので、自分のやりたいことが時系列でどのように変化したか、俯瞰できる。

といったことが挙げられます。

みなも(Minamo)の自己分析メモを読むメリット

今回は自己分析1000問中の第9問に対する、みなも(Minamo)こと私のメモを公開します。

公開メモを読んで頂くと、以下のメリットがあります。

【メリット】
自己分析は自分の内側を見つめていく作業です。

なので、長期間やっていると、どうしても『視点』が偏ったり、独りよがりになったりします。

なので、自分の思い込みを前提に、自己分析してしまいがちなんですね。

だから、みなも(Minamo)のメモを読むことで
「ああ、こんな切り口で回答するのもアリなんだ。。」とか
「そうか、こんな抽象化の仕方があるんだな」とか
「こんな風に転用する手があったか~」
という感じで、より幅広い視野での自己分析が可能になります。


あとね、他人のメモを見れば、自分一人で考えていた時には気づかなかったコトでも「ああ!そうそう!コレだよ!」という感じで、あらためて気づけるチャンスが増えるんですよ。


。。ということで、以下のパラグラフに自己分析第9問の質問内容とみなも(Minamo)の回答のメモを書きますね!

自己分析第9問の質問内容と回答のメモを公開!

【自己分析 第9問の質問内容】

■幼少期の理想の年収は?

【みなも(Minamo)の回答 8コ】

  1. 具体的な金額は記憶に無い
  2. 欲しいものを欲しいタイミングで買える金額
  3. 誰にも侵されない安全な財産
  4. 大富豪
  5. お城に住むレベル
  6. 親を全く余裕で養えるレベル
  7. おもちゃを全て入手できるレベル
  8. お手伝いさんを余裕で雇えるレベル


【みなも(Minamo)の回答の抽象化 7コ】

  1. 安心
  2. 余裕
  3. 豊かさ
  4. 安全
  5. ステータス
  6. 優越
  7. 自由

【みなも(Minamo)の転用のアイデア 8コ】

  1. クライアントに生涯必要資金のシュミレーションを行う場合に、安心感を与えて実施する。心配させないよう配慮する。心理的な安心度合いをグレード化(可視化)する。
  2. 稼げるチカラを絶えず精進する
  3. 高品質のものにお金を払ってみる
  4. 納得いくものにだけお金を払う
  5. モノ、家、家族など、すべてに対して感謝の気持ちを添えてみる
  6. 自由というステータスを味わう
  7. お金、時間、健康のいずれが欠けても自由で居られないことを、再認識する
    ※『究極の精神的な自由』は別ですし、こちらも極めたいと思って実践しています。
  8. クライアント向けホームページにおいて、お金術・時間術・健康術について記載する

いかがでしたか?ご参考になればうれしいです。


人気ブログランキング

にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
にほんブログ村

精神世界ランキング

投稿者: minamo

■地方の国立大学を卒業して、大手化学系企業に就職 ■かつて、うつ病で苦しみ彷徨い、真の幸せを探究する ■2020年7月に『いのちの本質』に気づく ■瞑想、散歩、読書を愛するアラフィフ世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected!