☆この記事を読んで頂くと、目標設定と目標達成が効果的にできるようになります。

記事の信頼性
【こんな人が書いてます】

・地方の国立大学を卒業後、大手化学系メーカーに就職する

・会社員生活約30年の間に、かつて、うつ病を患い長期休職する。
 精神的、経済的なピンチを経験し、復職後も『真の幸せ』とは何かの探究を始める。

・心理学、哲学、自己啓発、宗教、精神世界などの本を中心に、学び&実践を繰り返す。当時、5年間で約1,500冊を読破する。

・10年ほどの探究の後、2020年7月に『いのちの本質』に気づく。同時に真のこころの平安を得る。

★さらに詳細を確認したい方は、よろしければこちらのプロフィールをご覧くださいね⇒プロフィール

会社は辞めずに勉強しよう!

さてさて、このブログでは経済面と精神面の両面において、豊かになろう!というスタンスで記事を書いています。

経済的な豊かさについて言えば、僕はいま会社員なんですけども、その限りにおいては、基本的に年収は大きく変動しません。

安定しているといえば確かにそうでして、このメリットをあえていま、放り出す理由もありません。

逆に、安定しているというメリットを生かして、退職後に経済的なピンチに陥るリスクを下げることを、いまからやればよい、と思っています。


そんなわけで、この度、働きながら、来年度の社労士試験に挑戦することにしました。8月下旬が試験日です。

経済的に豊かになるプロセスにおいて、自己分析や目標達成は基本的に欠かせないものですよね。

これから約1年間、コツコツと勉強を継続できるよう、自身のメンタルを精進したいと思っています。


途中、色々な困難も待ち受けているだろうけど、それでも、最後までやり切りたいです。

これまで僕が学んだ、こころのトリセツや精神世界の考え方なんかも、効果的な勉強をするために生かすつもりです。

勉強のプロセスにおいて活用した、メンタルの保ち方やモチベーションの向上の仕方については、ブログで書いていきます。

顔晴り(がんばり)ますので、みなさまご声援よろしくねっ(#^.^#)

社労士を選んだ理由と理由が大切なワケ

しかし、数ある資格の中でなぜ社労士を選んだのかといいますと、以下の理由からです。

■過去に人事部門での業務経験があり、そこで得た経験を体系的な知識に紐付けたいと考えるから。

■近年、ブラック企業、過労によるうつ病や過労死など、労働者の権利や尊厳が踏みにじられるケースを多々目にしており、労働問題に興味を持ったから。

■当サイトでは『こころの平安』を得ることを、コンセプトのひとつにしている。労働に関する法律を学ぶことで、職場で働く人たちが安心して働ける環境作り等に寄与できるかもしれないと思ったから。


ちなみに、目標達成をより確実にするには「なぜその目標を達成する必要があるのか?」などの理由を明確にすることが大切です。

これが後々、効いてくるんです。

受験勉強が長期間になるとね、やはり、こころが折れるときもあるわけですよ。

そんな時、自分が何のために勉強をしているのかが明確であれば、こころのリカバリーをしやすいんです。

目標に向かって進みだす前にやるべきこと

あとね、目標を達成することにより『得られるコト』と『失うコト』も明確にする必要があります。

例えば、僕の場合だと以下のような感じです。

【得られるコト】

  • (合格すれば)社労士資格を得られる
  • 退職後の経済的リスクを減少できる(と思う。少なくとも無いよりは。)
  • 知的好奇心が刺激される
  • 勉強を継続するためのノウハウが蓄積できる
  • 進歩するヨロコビや達成感を味わえる
  • 独立起業できる可能性が高まる

【失うコト】

  • 時間、労力
  • 教材費などのお金

得られるコトのほうが、かなり多いですね。

でもね、人によっては、このように紙に書き出してみると『失うコト』が意外に多いことに気づいたりします。

自分で漠然と思っている『失うコト』ってね、実際に書き出して明確にしないと、危険ですよ。


例えば、よくよく考えてみると、『失うコト』のケースとして「この目標を実現したら人が離れていく」とか「目標を達成できない場合に、周囲の人に中傷される」とかのケースもありますからね。


書き出してみてなお、それでも目標を達成したいと思えるならば、第一歩を踏み出したらよいです。

さぁ、あなたも素敵な目標を設定して達成に向かって走り出そう!


人気ブログランキング

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

精神世界ランキング

投稿者: minamo

■地方の国立大学を卒業して、大手化学系企業に就職 ■かつて、うつ病で苦しみ彷徨い、真の幸せを探究する ■2020年7月に『いのちの本質』に気づく ■瞑想、散歩、読書を愛するアラフィフ世代

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


error: Content is protected!